きもの日和

湯木エリ子さんを訪ねて

2013年03月24日

まだ寒さの厳しかった一月の月末に、京都から北へ電車で一時間ほど、亀岡にお住いの日本伝統工芸会準会員 湯木エリ子さんを訪ねました。

千代川という小さな駅から車で15分ほど、峠を越えた静かな里山に先生の工房はありました。

 

 

モダンな山荘のような先生のご自宅前。お迎えに出てくださった先生とパチリ!

 

 

さっそく工房にお邪魔しました。

蒸し以外の作業はすべてご自身でなさるそうです。お弟子さんまかせの先生とは違いますね。

 

 

先生は草花が大好きで、スケッチをなさりに近隣の野山によくおでかけになるそうです。

季節の花のスケッチやデザイン画がたくさん。

その中に大山蓮華を発見!うつむきかげんに咲くその花の美しさに、二人で大盛り上がり(笑)

いつか作品にしたいとたくさん書き留めていらっしゃいました。楽しみです。

 

先生の気さくで温かなお人柄にふれ、美しい作品の理由を知った気がします。

そんな先生の作品への想いを、丁寧にお客様にお伝えしていきたいとおもいます。